「他人がセックスしている時の喘ぎ声が聞きたい!」というわけで、駒込にある連れ込み宿「江戸駒」に行ってきました

この記事、チェックしておいた方がいいんじゃないかしら?

IMG_3390

皆さん、人様の喘ぎ声を聞きたいと思ったことはありませんか?
僕はものすごく聞きたいです。
ものすごくです。
ちょっとやそっとの生半可な「聞きたい」ではありません。
mo!no!su!go!ku!聞きたいです。
とにかくムラムラするのは僕だけでしょうか。
といったところで皆様こんにちは。
相変わらずの変態底辺野郎「のぞき.Tokyo」です。
前置きが長くなりましたが…
そんな体験が出来る夢のような空間がこの東京には存在しているのです。
場所は東京、駒込。
山手線の駒込駅から徒歩1分の場所にある昔ながらの小さな旅館です。
いわゆる「連れ込み宿」です。

スクリーンショット 2017-08-09 20.35.05

こじんまりとして昭和チック、チラと見る限り「はて?小料理屋かな?」などと思いますが、ところがどっこい、真昼間から男と女の情事が繰り広げられる何とも淫靡な旅館です。(外観はストリートビューで確認してみてください)
建物を見るととにかく古い。
そして怪しさ満点な感じが好奇心をそそります。
入り口は南西にある道路に面しています。
石段を数段左に上がるとそこに開き戸があります。
風情があって実にノスタルジック。
昭和ノスタルジーに興味のある人を連れていったら、「あら〜、素敵。風情があるわね。」なんて喜んでもらえることでしょう。
でも小料理屋じゃありません。
エッチな連れ込み宿ですからご注意を。
開き戸を開けるとまさに昔ながらの旅館の入り口。
靴は脱がずに土足のまま右に進みます。
すると右側に受付があります。
受付カウンターは低い位置にあるので、受付の方と自分が直接に顔を見合わせることはありません。
受付はおばちゃんでした。
おばちゃんというのも旅館にマッチしています。
ホッとしました。
3時間の休憩を伝え、料金を支払います。
料金は部屋によって違いました。
和室3800円、洋室は4300円。
今回は和室をチョイス。
せっかくの旅館ですから和室をチョイスしました。
おばちゃんからは1階の4号室(和室)を指定されました。
鍵を渡されます。
4号室は1階に3部屋あるうちの真ん中。
つまり両隣の喘ぎ声が聞けるというわけです。
おばちゃんありがとう。ムフフ。
部屋の中。

IMG_3397

どうですか。
この薄暗〜い感じ。
いいですね。このしけた感じが何とも味わい深いです。

IMG_3392

しかし…これはデリヘルのお嬢様方は呼ばれたくない部屋だろうなぁ。

IMG_3388

布団というのもいい。
まるで修学旅行の気分です。
ちなみに上の写真の「横に細長い部分の右側」は窓になっています。
三重の窓です。
手前は襖のようになっており、2枚目は鏡のスライド、3枚目は木の窓です。
プレイ中は内側の1枚だけを開けて、2枚目の鏡で2人の卑猥な姿を映し出しておくと、互いに燃え上がること間違い無しです。
ラブホでは天井に鏡がありますが、ここでは窓に鏡があるのです。
ちなみにその窓の先には山手線沿いから一本脇の道路が面しています。
部屋からはその道路を見下ろすような格好です。
駅から近いこともあって人の行き来がありますので、わざと声を聞かせたい人、見せびらかしたい人には開けっ放しなんていうのも一興かもしれませんね。(責任は持てませんので悪しからず)
部屋の壁に掲げられていた料金表。

IMG_3391

そして写真は撮り忘れましたが、トイレはなんと和式、風呂は「狭い&低い&深い」の三拍子で、もう言うこと無しです。
ノスタルジックに乾杯。
そしてこの旅館の一番の醍醐味、それは「壁が薄い」ことです。
おそらく昭和の建物(まさかそれよりも前か?)ですから、とにかく防音性が低い。
ネットの書き込みでも「喘ぎ声が聞こえる」という内容を数多く目にしました。(それを聞きたいがために調べた結果、江戸駒がヒットしたというわけです)
1階と2階を隔てる天井も薄いので、2階を歩く足音もギシギシと階下に伝わってきます。(自分が入室してから数十分経った頃に、客が階段を上って行き、おそらく僕の部屋の真上だったのでしょう、上からギシギシと音が聞こえました)
しかしこの防音性が低いことは、逆に外の音がうるさく感じるということでもあります。
特に電車の音が気になりました。
隣の部屋の喘ぎ声を聞くときにはかなりの妨害です。
山手線コンニャロ!
そうこうしているうちにまた新たな客がきたようです。
カウンターでの話し声からするに、おそらく50前後のカップルといったところでしょうか。
もっと若い方がよかったなぁ…
ダメダメ!そんな贅沢言っちゃダメ!
そのカップルはどうやら僕の部屋の隣に入室したようです。
ラッキー☆
神様ありがとー!(無宗教だけど)
その隣の部屋は布団が敷いてある部屋の隣。
しばらくしてから壁に耳を当てます。
そういえばその日は聴診器を忘れてしまいましたが、皆さんはぜひ聴診器をお持ちになってくだいね。よく聞こえますから。
もし無い場合は部屋にあるコップを壁につけて集音してみてください。(必死)
しかし私ぐらいの変態になりますとね、壁に直接耳を当てて直接聞かないと臨場感が感じられずコーフンできないんですよね。
二人の会話もうっすらと聞こえます。
おおお!
これは期待できる!
それからしばらくして…
女性の微かな喘ぎ声が。
き、き、き…
キターーー!!!!!
始まったー!!!!!
素晴らしいです!素晴らしいです!この旅館は!
万歳!江戸駒!
徐々に大きくなっていく女性の喘ぎ声。
一方で私はなんて格好をしていたのでしょうか。
壁に耳を当てて直立不動の全裸。
ナニをやってるんだ俺は…
山手線の音や車の音、外を行き交う人々の声、それに混じって隣から聞こえる女性の喘ぎ声。
外は日常なのに、中では動物のように交わり喘ぐ非日常の男女。
何とも不思議な感覚です。
生粋の変態さんにはこのシチュエーションのコーフンをご理解いただけると思います。
なに?自分にはわからない?
この域に到達するにはまだ100年早いわー!
100年後に江戸駒に行けーーー!!!!!
あ、さすがに100年後には江戸駒は解体されてるな…
というわけで、以上、駒込の連れ込み宿「江戸駒」のご紹介でした!
さいなら〜☆

(女子大生とエッチなことしたい?→テレクラ ツーショットダイヤルMGI

(19時に新宿駅東口で待ち合わせ?→女子大生と出会えるPCMAX!


この記事、チェックしておいた方がいいんじゃないかしら?