AVに出演「しそう」「した時」「してしまった時」 〜そのリスクと契約内容〜

この記事、チェックしておいた方がいいんじゃないかしら?

AL001-1onakakaigi20140830_TP_V

女性がAVに出演する際、注意しなければならないこと。
当たり前だが、それはAVに出演するリスクをよく想像してよく理解することである。

まず基本的にAVなどというものに出演している人間への世間の目は厳しい。
それが一般的である。
昨今ではAV出演者をテレビやメディアで見ることもかなり多くなってきたため、一見すると世間がAVに偏見なく寛容になってきたと錯覚しがちだが、しかし依然としてAVという性に対する世間の反応は冷たいものだ。

そしてAVに出演をし、その記録が映像という形で後世まで半永久的に残るということは、それら大多数の人々の目に触れる機会が格段に多いということだ。
それはつまりAV出演が「バレる」可能性が大いにあるということ。
そんな「AV拒否反応」を持つ人々にバレれば、結果は火を見るよりも明らか。
例えば就職の応募先で、例えばバイトの応募先で、「あれ?この子どこかで見たことがあるような…」と思われることだってあるかもしれない。
面接の担当者が男性であれば、もしかしたらAVに詳しい人間かもしれない。
とすればすぐに身元がバレる。
そうしてバレればどうなるか…
そのようなリスクを十分に想像しなければならないのだ。

他にもある。
例えば結婚を考えた時、どうなるか。
相手の親御さんに挨拶をするだろう。
その時にバレやしないか。
そういう不安がつきまとう。
仮に無事に結婚出来たとしても、子供が出来て、その子供が性的な事に興味を示すような年頃になった時、子供がたまたま親であるあなたの映像をネットで見つけたらどう思うだろうか。
自分の親が見知らぬ男とセックスをしているということへの嫌悪感は凄まじいものになるだろう。

他にも例を挙げればキリがない。
とにかく現状思い付く限りの例を考えても、AVに出演することに対してはリスクがほとんどだ。

ではそのリスクを覆すほどのメリットがあるとすれば何だろうか。
それは金と知名度である。
AVに出演し、ある程度の知名度を上げれば、一般的に働くよりも多くの金を手に出来るだろう。
しかしそれは永くは続かない。
それは女性には需要の期限があるから。
もちろん熟女などのジャンルも一定数の販売を保っているであろうことを考えれば、そうとも言い切れないだろうが、しかしやはり世間の需要は若くて可愛く美しい女性にある。
そう考えると年齢的には18歳〜24歳ぐらいまでしか稼ぎ時が無いだろう。
永い一生を考えた時、それほどの短い期間だけで生涯年収を得ることが出来るだろうか。
あなたが一生食うに困らない金を手にすることが出来るだろうか。
無理があるだろう。
そう考えたらAVを引退した後の生き方を考えなければならない。
その時にあなたのAV出演が人生にどう影響してくるか。
それはもう先述した通り。
言わずもがなである。
ただしバレるリスクはあっても必ずバレるわけではないという考え方もあるので、そこは人それぞれの判断をしてもらえば良いと思うが、いずれにせよ先述した程度のことを想像出来ないアタマであれば、AV云々の話に限らず世間を生き抜いていくことは難しいと思う。
要するにそんなアンポンタンな奴は遅かれ早かれ人生のレールをハミ出る可能性が高いわけだ。
つまり想像力がない奴はハミ出てしまう可能性が高い。大事なのは想像力なのだ。アタマを使って考えることなのだ。
十二分によく考えて、その結果ハミ出ることを選択するのならそれはそれでいいと思う。
何よりも良くないのは、何も想像せずに何も考えずに、流れに身を任せてその場その場をやり過ごすことだ。
自分の脳みそを使って物事を決定していかなければ、何か問題があった時に必ず後悔する。
「あの人がああ言っていたから。」「あの人が大丈夫って言っていたから。」という他人任せな決断をしていたら、問題が起きた時に必ず後悔するに決まっている。
だってその時にはもう自分では解決出来ないレベルになるから。
自分が決めたことであれば何か問題が起きても受け入れられるはず。
要は自分のケツは自分で拭くという覚悟も大事なことなのだ。

しかし例え人生を失敗したとしても、人生のレールは一本じゃないし、ハミ出ていないから幸せとも限らない。ハミ出たおかげで全く未知の人間や世界を知り、それが思いの外、自分の性にあっていたという可能性も考えられないことではない。
だから世間的には受け入れられ難い方向に進むことになっても、自分で決めたことであれば後悔した時も受け入れられるだろう。

今、AV女優の第一線で活躍されている方にはその覚悟があるのだと思う。
もちろん男優さんにも。
だから皆堂々としているし、活き活きとしている。
そんな人たちを見て自分もそうなりたいと思うことだっていいと思う。
思いは自由だ。
ただちょっとだけ「考える」というスパイスを加えると、より人生に潤いが与えられるのではないかと思う。

最後にAV出演の契約書についてアドバイス。
契約書の内容は一言一句漏らさずに確認すること。
少しでも曖昧な表現はその場で明確な回答を得こと。

自分が納得するまで聞き出すこと。
絶対に曖昧なまま、署名、捺印をしてはいけない。
例えば「成人作品への出演を承諾する。」という文言があったら、では成人作品の定義とは何なのかということを掘り下げて聞かなければならない。
AVのことを言っているのかVシネマのことを言っているのか。
AVはもちろん、Vシネマであっても脱ぐことを予想しなければならないし、とにかくどういうことがあるのか明確な回答を聞き出さなければならない。
着エロの話だってそう。
どのような衣装でどのようなポーズを取るのか。
そしてどのような媒体に載るのか。
とにかく契約書の内容は細かく細かく読み込んで、そして少しでも曖昧な文言については、その内容を完全に把握していかなければダメだ。
面倒臭いなどと言っていたらダメ。
それは契約書というものはあなたの人生を左右する重大なものになるから。
昨今のAV出演に関するニュースを見たら、それは一目瞭然だろう。
その場の空気に流されて署名、捺印をするなどということは絶対にダメだ。
少しでも怪しいと思ったら勇気を持って帰ろう。
何も殺されるわけではない。
確かに怖いだろうが、その場で殺される可能性なんてほぼゼロに等しいのだから、とにかく断る場合は一世一代の勇気を持ってして臨むのだ。

また、そもそも契約がセッティングされる前段階から用心は始めなければならない。
例えば街中でスカウトされてもそのままホイホイついていってはならない。
まずは名刺を貰って一旦家に帰る。
そしてジックリと下調べをしてから判断をするのだ。
そういう警戒心が大事だ。
相手の言うことは全て疑ってかかるぐらいの気持ちが必要だ。
とにかくその場で判断をしないこと。
そもそもいきなりスカウトをされること自体に疑問を抱くアタマを養うべきだ。
それがあなたを危機から救う武器になる。
長くなったが、AV出演を考えている女性、もしくはそのような状況に置かれている女性には、今までの内容を今一度読み返してから判断して欲しいと思う。
決して後悔しないために。


この記事、チェックしておいた方がいいんじゃないかしら?