みんながDMMでAVを購入する理由

この記事、チェックしておいた方がいいんじゃないかしら?

スクリーンショット 2016-01-17 1.18.46

何故、DMMで購入するのか?

僕はこのサイトで特にJKについての記事を多く書いている。

それに合わせてJKのエロ動画や画像が見られる有料サイトを紹介しているが、しかしながら正直に言ってその有料サイトへの入会率は決して高くない。

むしろ低いぐらいだ。

「作品の購入率」などの確率を言えば、同じく紹介しているDMMの方がはるかに高い。

それは何故か?

今日はそんな疑問を紐解いていきたいと思う。

今回、DMMとの比較対象として某サイトを引き合いに出したいところだが、しかしそのサイトの名誉のために今回はその名称は出さない(笑)

圧倒的に違う作品の発売頻度

まずDMMとその某サイトとの圧倒的な違い…

それは作品の発売頻度だ。

もうそれは天と地ほどの差がある。

DMMはそれこそ毎日のように新作が出てくる。

しかも種類も豊富。

JKモノもあれば熟女モノもある。女子大生モノもあれば盗撮モノもある。

とにかくお客を選ばない商品の豊富さがそこにはある。

かたや某サイトはどうか。

そのサイトでは週に2本くらいしか新作が出ない。

この違いはとてつもなく大きく、そして重要だ。

そりゃ湯水のごとく出てきて選び放題の方がいいに決まっている。

価格

この差も歴然としている。

DMMでは「10円動画」などというものがあったり、AV作品1本380円〜などというものもザラにある。

もちろん新作は相応の価格だし、旧作であっても人気女優の作品などとなれば値は張る。

しかしそこには「安いものから高いものまでの幅広いラインアップから選ぶ」という楽しみもある。(それはまるでドン・キホーテの店内のようでもあって楽しい)

一方、某サイトの動画は高い。

それはあまり売れていないから必然的に単価を高くせざるを得ないのかもしれない。

しかしそうなるとなおさら売れない。

だからといってさらに値上げをすれば、さらに客は離れていく。

完全なる悪循環だ。

かといって売れるほど良質のAVでもない。

要するに作品の質と価格が合っていないのだ。

しかもそういうサイトに限って料金は月額制。

これは実に馬鹿馬鹿しい。

毎月毎月、自動で数千円を支払うよりも、自分が好きなタイミングで好きな作品にだけお金を払うスタイルの方が客にとっては望ましい。

そして何よりこれだけ安く良質なAVがある時代、ましてや無料でいくらでも観られるこんな時代に、不良なAVに高い金を払う情弱はいない。

女優の質

DMMで目にする「女優」のレベルは総じて高いと感じる。

これは個人によってその好みや基準が違うから明言は出来ないが、しかしそれでもDMMで販売されている女優たちの美貌やスタイル、可愛らしさは、某サイトの女優たちより抜きん出ていると感じる。

某サイトの女優たちはお世辞には綺麗とか可愛いと言えるレベルではない。

「そこら辺を歩いている子の方がよっぽど可愛いぜ?」と言いたくなる容姿の子もいっぱいいる。(その子たちがAVに出るかどうかは別として)

綺麗で可愛い女のセックスが見たいのは当然。

そんな女の子たちを多く目にするのがDMM。

サイトの快適性

僕の入会している某サイトは、ページの切り替わりに非常に時間が掛かる。
(例えばDMMで無料サンプル動画をクリックするとすぐに再生されるのに、その某サイトだと再生までにやたらと時間が掛かったり)

このような作品自体に関係のないところに於いても、やはりDMMに軍配が上がる。

まとめ

とにかくDMMには良質なAVが集約されている。

DMMは巨大なプラットホームだ。

毎日、ありとあらゆる趣味趣向を持った大勢の人間が訪れる。

いわばターミナル駅みたいなもの。

ターミナル駅では弁当も売っていればお土産もある。

何でもござれだ。

そこでは豊富な品揃えで僕たちのような「客」を待っている。

それは大勢の客がいればそれだけ多くのものが売れるチャンスがあるから。

DMMはまさにそんな場なのだ。

そんなチャンスがある場所だからこそ良質な商品が集まるのだ。

これからもDMMには良質な作品が登場し続けるだろう。

目を皿にする日々が当分、続きそうだ。


この記事、チェックしておいた方がいいんじゃないかしら?